Pocket
LINEで送る

基礎体温と聞いたら、何を思い浮かべますか?

 

妊活とか避妊を思い浮かべる方は結構多いのではないでしょうか。

 

確かに基礎体温は、女性の身体のリズムを知るために重要な役割をしていて、
排卵の有無や妊娠しやすい時期などを把握するために測ることが多いものです。

 

けれど、それだけではないのです。

 

基礎体温は身体のリズムだけではなく、生活習慣でも変化することがあり、生活習慣から起こる変化がホルモンバランスに影響を与えることもあります。

 

それに、基礎体温は睡眠の質にも影響するんですよ。

 

今回は睡眠と基礎体温の関係について書いてみたいと思います。

 

基礎体温って何?

基礎体温を測るためには、小数点第2位まで表示のある「婦人体温計」と呼ばれる体温計を使うため、基礎体温というと女性のもののようなイメージが強いのですが、男性にも基礎体温はあります。
(毎日計測している方がいるかどうかは分かりませんが(笑) )

 

基礎体温というのは、基礎代謝が行われている睡眠中の体温のことなのです。

 

基礎代謝が行われている状態というのは、通常の平熱よりもやや厳密です。

 

基礎体温は「朝目覚めた後、身体を動かす前の最も安静な状態で測定」します。

 

少しでも体を動かしてしまうと正確には測れないため、
体温計は体を動かさなくても手に取れる場所に置くのが基本なのです。

 

 

女性の場合、ホルモンのリズムがあり、正常なリズムの場合、グラフ化すると低温期と高温期の2つの体温層に分かれるといわれます。

 

この変化はごくわずかで0.3℃~0.5℃ほどです。

 

だから測定に小数点第2位まで測れる婦人体温計が必要なのです。

 

基礎体温はホルモンのリズムや体調を反映します。

 

女性でも低温期と高温期の体温層がはっきり分からない場合、(測定の仕方が悪いこともありますが) ホルモン異常や体調不良を示していることもあるのです。

 

基礎体温は睡眠の質にどんな影響を与えるのか

基礎体温と眠りの質にはとても深い関係があります。

 

睡眠不足や眠りが浅いこと、また、夜中に目が覚めて寝付けなかったり、といった時には高温期でなくても基礎体温が高くなりがちです。

 

最近では、低体温の人が増えています。

 

低体温とは基礎体温が低い状態で、
別の言葉でいえば冷え性。体温 が36 ℃に満たない人のことをいいます。

 

冷え症というと、やはり女性がイメージされるのですが、
最近は男性にも冷え性の方が多くなってきています。

 

 

低体温は代謝も当然悪くなるので、体のあちこちに不調が起きます。

 

免疫も低下してしまうので病気がちになる危険があり、がんへの抵抗力も弱くなります。

 

そして、低体温になると深い眠りに入りにくくなります。

 

眠り初めには約1℃体温を急激に下げることによって深いノンレム睡眠へ移行するのですが、
低体温の人は体温が下がらなくなるためになかなか深い眠りに入れないのです。

 

 

寝始めの3時間に現れるノンレム睡眠の間に成長ホルモンなど体を修復し疲れをとるホルモンが分泌されるのですが、眠りが浅いと、このホルモンの量も低下してしまいます。

 

 

また、基礎体温が低いのは、睡眠の初めだけでなく寝起きにも影響します。

 

よく低血圧だと朝起きられないといいますが、実は低体温が原因なのです。

 

低体温の場合に眠りが浅くなってしまうのは、体温が下がり過ぎてしまうのを防ごうという防御反応もあるんです。

 

私も以前は「基礎体温=妊活or避妊」というイメージでした。

 

けど、実は基礎体温の「基礎」は基礎代謝なんですね-。

 

女子だけのものじゃないんだ~(笑)

 

 

そして体温は当然体の調子に影響する…

 

具合が悪いと熱が出ることはよくあるのですが、体温が下がるのも怖いことなんですね。

 

特にがんへの抵抗力が弱くなるっていうのは怖いです。

 

病院に行った時だけでなく、
自分の平熱チェックって必要なのかもしれませんね。

 

低体温になる原因とその対策

生活リズムの変化や生活環境は基礎体温に影響を与えます。

 

ということは生活の基本を整えることによって乱れている基礎体温も整えることができるわけです。

 

体温が下がる主な原因は、運動不足と生活習慣。

 

最近は通勤などで歩くことも減りがちで、買い物もインターネットでできるなど、
運動量は昔に比べてかなり減っています。

 

 

冷えるというと寒い季節を思い浮かべますが、冷えの危険はむしろ夏。

 

 

冷房の利いたオフィスでのデスクワーク、冷たい飲食物をとりすぎる、などということが体温の低下を招くのです。

 

低体温に対する対策としては、まず運動して筋肉をつけることです。

 

少し意識して歩く時間を増やしたり、ひざの屈伸をしてみるなど少しの運動を習慣にするといいです。

 

 

また、冷たい飲食物を減らし、身体を温めるものを摂る、シャワーより入浴、特に湯船に浸かってゆっくり温まるようにするなど、生活習慣を変えること重要です。

呼吸を深くするのも効果があるといわれます。

 

運動をすると身体は酸素を多く取り込もうとします。

 

運動をするのが難しい場合でも、普段の呼吸の質を良くして酸素を多く取り込むと、代謝が上がり体温を高める効果があるのです。

 

これは肥満防止や美容上の効果も高いとも。

 

時々意識して深呼吸してみましょう。

 

低体温で寝つきが悪いのは体が冷えてしまうことが原因。

 

特に末梢の血管が収縮してしまうと、なかなか温まれません。

 

寝る前に手浴や足浴などで、できるだけ手足を温めるようにすると気持ちよく入眠できるようになります。

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

基礎体温は女性だけのものではない。

・ 基礎体温というのは、基礎代謝が行われている睡眠中の体温のこと。

・ 基礎体温は睡眠の質にも影響する。

 

最近、低体温の人が増えている

・ 体温 が36 ℃に満たないことを低体温という。

・ 低体温は代謝も当然悪くなるので、体のあちこちに不調が起きる。病気にもかかりやすくなる。

・ 低体温だと なかなか深い眠りに入れない。

・ 基礎体温が低いのは、寝起きにも影響。朝起きられないのは実は低体温が原因。

 

低体温の原因と対策

・ 低体温の原因は運動不足と生活習慣である。

低体温対策

・ 運動して筋肉をつける。

・ 体を冷やすものを避けるようにする。

・ 呼吸の質を良くして酸素を多く取り込む。

 

いちばん最近で体温を測ったのはいつですか?

 

私は、時々朝、測るのですが毎回36℃切っていて嫌になります・・・・

朝からテンションが下がります。

ですので、何とか基礎体温を上げようと、努力中です。

 

体温が眠りの質に影響するなんて、

たかが、体温とバカにできないですね。

 

だからこそ、基礎体温を知ることは (妊活にだけでなく) 大事なんですね。

 

特に低体温生活に支障をきたしまくるので、、少しづつ軽い運動の習慣と呼吸の質に気を付けて、代謝アップ生活を心がけたいと思います。

 

皆さまもぜひ私と一緒に始めませんか❓。

 

Pocket
LINEで送る