Pocket
LINEで送る

 

眠れない日々が続くと、
身体的にも様々な不良が出てきます。

それくらい私たちの体調管理には睡眠が欠かせないのです。

 

しかし、
疲れすぎて眠れない日もあれば、
仕事が忙しくて十分な睡眠がとれない日もあると思います。

 

それが短期間ならばよいのですが、
眠りにつけない、眠りが浅い、毎朝眠くてしょうがいない、

こんな日が長く続いている場合、
もしかしたら睡眠障害かもしれません。

 

 

 

我慢をせずに、まずは原因を探ることが大切です。

 

毎日過度なストレスに晒されていたり、
不安がどうしても頭から離れず、
ずっと悩んでいることなどありませんか?心が弱っていると、
かなりの確率で睡眠障害に陥ってしまいます。

 

 

私も、うつ病からの睡眠障害と診断され、
この睡眠障害を克服するために10年以上戦っているのです。

 

 

睡眠障害と治療方法

医師に睡眠障害と診断を受ければ、すぐに薬物療法が始まります。

 

その中でも、
なかなか寝付けない場合に処方されるものが睡眠導入剤と呼ばれるものです。

 

代表的なものでは、ハルシオン、そしてマイスリーがあります。

 

ハルシオンについては、
現在ほとんど処方されなくなったのではないでしょうか。

 

私は以前ハルシオンを飲んだことがありますが、
体質のせいなのか、ほとんど効きませんでした。

 

肩こりが治ったかな?という程度だったことを覚えています。

 

それで私が現在も服用しているのがマイスリーです。

 

これは、長年飲んでいるのですが、睡眠導入剤として私の体質に合っているようで、
10ミリ一錠で抵抗なく入眠できます。

 

最初にこのマイスリーを処方された時、
私は生き返れた気がしました。

 

 

それまでは、仕事が終わって夕食を食べて、
お風呂に入ってベッドに入る。

ここからが睡眠との戦いだったからです。

 

寝ようと思っても、
不安ごとや、ちょっとした悩み、
ストレスの原因でもあった人間関係のことなど、

次から次に頭の中に浮かんできて、眠りにつけないのです。

 

 

数時間経つと、今度は眠れない事への焦りで頭がいっぱいになります。

 

明日も仕事なのに眠れない。

後数時間しか眠る時間が無い早く寝なければいけない。

そんなことを考えているうちに鳥の声が聞こえてきます。

 

そうなるともう半分はあきらめているのですが、
それでも少しでも寝ておかないと身体がつらいですよね。

 

だから焦るんです。外が明るんでくる頃、新聞配達のバイクの音が聞こえてきます。

 

焦りは頂点に達して、結局寝ずに仕事に行く、そんな毎日を送っていたのです。

 

そんな時、マイスリーを処方されました。

 

信じられないくらいスムーズに入眠できたのです。

 

正直、夜が怖かった毎日でしたが、薬のおかげでかなり楽になったことを覚えています。

 

ただしその時、副作用の事なんて考えてもみませんでした。

 

とにかく夜眠れることが嬉しくて、
副作用なんてどうでもよかったんです。

 

今考えると、
ちゃんとした知識を得た上で服用すべきだったと後悔しています。

 

 

マイスリーの副作用

 

マイスリーには副作用がありますので、いくつか代表的なものを紹介します。

 

・依存症

長く服用していることで、マイスリーが無いと眠れない状態に陥ってしまいます。私自身、この副作用に長年悩まされ続けていて、そして副作用中でも一番恐ろしいものだと感じています。

 

・離脱症状

服用を止めた時に、途端に不安になったり焦りやイライラが止まらなくなる症状です。

 

・幻覚症状

実際に無いものが見えてしまったり、同時に幻聴を聞く人もいるようです。

幸い私はこの症状が出たことはありませんが、服用している友人は、マイスリーを初めて服用した時に幻覚を見たと聞きました。

部屋の中に誰かがたっていて、何か聞き取れない言葉を話していたというのです。

 

・肝機能障害

食欲の低下や、吐き気やだるさが出てしまう症状です。

 

 

やはり、長年服用している私が一番怖いと思う副作用は「依存症」です。

 

向精神薬や睡眠薬には殆どの場合付きまとう副作用です。

 

その薬が無いと落ち着かない、
不安で仕方がないという状態になります。

 

その薬なしでは心が落ち着かないのです。

今の私も、まだマイスリー無しでは不安が襲ってきます。

 

例えば、旅行に行ったときにマイスリーを忘れてしまうと、
忘れたと気付いた瞬間から夜になることが不安になってしまうのです。

 

この忘れたことを自覚した時点からというのがポイントで、
それを持っていない事実自体に不安を感じるのです。

 

忘れた事に気付かなければ、もしかしたら、
マイスリーを持っていない事、飲んでいない事にも気づかず、
疲れて眠れる場合だってあるのです。

 

まとめ

眠れない症状が続き、
身体的にもつらい毎日を送っている場合、
薬物療法で睡眠薬を使うことは、
とりあえず睡眠のリズム元に戻す最初のステップとしては有効です。

 

しかし副作用があることをしっかりと自覚しておくことが最大のポイントだと思います。

 

薬物療法を行っている間も、
睡眠薬だけに頼らず生活習慣を見直す必要があるのです。

 

簡単に挙げると、太陽の光を浴びて、
適度な運動で汗をかいて、疲れて眠るというリズムを作ることです。

 

仕事などで過剰なストレスを感じていて、
睡眠障害の原因、睡眠薬を使わなければいけないのならば、
その原因は取り除かなければいけません。

 

仕事を辞める事は簡単なことではありません。

 

お金の不安や社会的な信用にもかかわってくることです。

しかし、心と身体が壊れてしまっては、全ては終わりです。

 

薬に頼って薬物依存に陥ってしまえば、
もしかすると一生薬に頼って生きていくことになります。

健康な体程大切なものはありません。

 

薬物療法を行わなければいけないほど心身が疲労しているのならば、
お金の面に関しても救済措置はあります。

 

社会的信用も、体を治してから、またやり直すことだって十分に可能なのです。

 

10年間薬を飲み続け、依存し、一つの仕事を長く続けられなくなった私は、
心身の健康が一番重要なものだと理解しています。

 

「健康が一番」という言葉は、皆さん小さなころからたくさん聞いた言葉だと思います。

 

私もそうです。しかし、それが具体的に、
身に染みて感じたのは結局身体を壊してからなのです。

 

マイスリー無しでは眠れない毎日なんて望んだ覚えはありません。

 

 

出来る事なら、
なんの薬も飲まず、薬が無いという不安も感じることのない毎日を送りたいのです。

 

心身の疲れに気づいた時、
少しでも早く、健康を第一に考え行動することが、
とても大切なことなのです。

 

Pocket
LINEで送る