Pocket
LINEで送る

精神的なストレスなどで睡眠障害になってしまうことがあります。

 

ストレスの原因となっていることをずっと頭の中で考えてしまったり、不安で頭がいっぱいになってしまったりと、過度なストレスで精神のコントロールが出来なくなってしまいます。

 

自律神経が乱れてしまい、身体のバランスを上手く取れなくなってしまうんですね。そうすると徐々に睡眠に弊害が出てきてしまうんですね。

 

そのような状態になるとなかなか自分で回復することは難しいかもしれません。ですので、まずは眠れるようにするために、専門医に相談することが大切です。

 

医師に相談するとおそらく薬物療法が始まります。そこで睡眠薬(睡眠導入剤)を処方されます。

 

睡眠薬にはたくさんの種類があり、その全般に副作用があります。頭痛や腹痛、健忘や幻覚幻聴など、個人差もありますが、様々な副作用の症状が出ます。

 

今回はその中でも、副作用による吐き気について紹介したいと思います。

 

睡眠薬(睡眠導入剤)を服用することによって、副作用で吐き気を伴うことがあるのです。

 

私は長期的に睡眠薬(睡眠導入剤)を服用していますが、副作用としては健忘と依存が強く出ていて、吐き気という副作用は出たことがありません。やはり個人差が強いようです。

 

 

 

 

睡眠薬(睡眠導入剤)で吐き気を感じる事がある

睡眠薬(睡眠導入剤)には、長時間効くものと短時間(入眠用)効くものが存在します。長いものでは24時間効くものもあるようです。そして、効果の長短にかかわらず、様々な状況で副作用の吐き気が起こることが確認されています。

 

例えば、睡眠薬(睡眠導入剤)を服用した直後や、朝目覚めた時、あるいは睡眠薬(睡眠導入剤)の服用を止めた時などです。

 

 

 

 

睡眠薬(睡眠導入剤)で吐き気を感じる原因

それでは、睡眠薬(睡眠導入剤)で吐き気を感じる原因とは何なのでしょうか。最も多いケースが、睡眠薬(睡眠導入剤)の持ち越し効果が発生した場合です。中期から長期に効く睡眠薬(睡眠導入剤)を服用した次の日の朝に吐き気を感じる事が多いようです。

 

朝起きた時点でも薬の効果が残っていて、酔っぱらったような吐き気が発生するのです。薬が完全に抜けきれていない状態なので、体のだるさなども同時に起こっている可能性が高いようです。

 

服用直後に吐き気がある場合は、身体が拒否反応を起こしている状態が多いとのことです。また、薬が胃を荒らしてしまっている可能性もあります。そのため処方薬は胃薬も一緒に処方されている事が多いと思います。

 

そして、薬の服用を辞めた時に吐き気が起こる場合もあります。これは、薬の依存によるものが大きいのではないでしょうか。

 

私は長期に渡り服用を続けていますが、一度だけ自己判断で服用を辞めたことがあります。その際に吐き気を感じた時期がありました。これはベンゾジアゼピン系のお薬全般に起こる副作用の「依存」です。

 

私は完全にこの依存の副作用が出ていたので、寝る前に飲む薬が無い不安とストレスで、頭痛と吐き気が起こりました。この依存という副作用はかなり長期間続き、結局また通院をすることになってしまったのです。

 

 

吐き気がある場合の対処方法

このように、睡眠薬(睡眠導入剤)を服用して吐き気が起こった場合はすぐに医師と相談します。吐き気止めを処方されている場合はすぐに服用しても大丈夫です。

そして、医師と相談の上で、少しずつ薬を減量し、できるだけ睡眠薬(睡眠導入剤)に頼らないようにすることが大切です。

まとめ

私の場合は、服用を急に、そして自己判断で止めてしまったために頭痛や吐き気を感じてしまいました。再度通院して、再び薬を飲み始めたらそのような症状は出なくなったのです。

 

睡眠薬(睡眠導入剤)を服用して吐き気のような副作用が出ることは、やはり怖いことですよね。しかし、最も怖い副作用は「依存」なのです。

 

この「依存」に陥ってしまうと、薬の服用を減らそうにも、止めようにも、とても時間がかかってしまいます。私のように長期間服用すると、止めようとしてもまた逆戻りしてしまうんですね。

 

処方薬を服用する際に何よりも気を付ければよかった事は「長期間服用を続けないこと」、これだけです。

 

薬物療法だけに頼ると、どうにも抜け出せない依存という悪循環に陥ってしまうのです。なので、たとえ最初は薬物療法を受けたとしても、薬だけに頼るのではなく、生活習慣を整えることや、食生活を改善することを同時に取り入れて、間違っても薬を長期間服用しないことが大切なのですね。

Pocket
LINEで送る