Pocket
LINEで送る

 

私は睡眠薬(睡眠導入剤)を常用しています。

 

きっかけは睡眠障害でした。

睡眠障害の中でも入眠に問題があったからです。

 

いつまでたっても眠れない、
眠ろうと努力しても焦るばかり。

 

焦れば焦るほど眠れない。

 

でも時間は過ぎていって、
小鳥が鳴き出し、

朝の新聞配達のバイクの音が聞こえると共に、
だんだん明るくなっていく恐怖に耐えかねたのです。

 

診断としては、
過剰なストレスからくるうつ病と睡眠障害。

 

そして、睡眠薬(睡眠導入剤)のマイスリーを処方されました。

 

身体に合っていたのか、
すごく眠れるんです。

 

 

これまで、
今日も眠れないかもしれないという恐怖の夜が無くなりました。

 

薬物療法なので当然と言えば当然ですよね。

 

眠らせる薬なんですから。

 

これを読んでいる人の中にも、
眠れないから夜が怖い、
眠れなかった次の日の気怠さが気分を憂鬱にする、
という人もいるのではないでしょうか。

 

睡眠障害の人でも確かに薬物療法は効きます。

 

しかし、薬物療法だけに頼ることはお勧めできません。

 

なぜなら、10年以上睡眠薬(睡眠導入剤)を飲み続けた私は今、
その薬を手放せなくなっているからです。

 

 

睡眠薬を常用するという事

日によって眠れない時があり、
眠れない時だけ睡眠薬を頓服として服用している人は、
大丈夫だと思います。

 

 

しかし、睡眠薬を常用している、
薬が無いと眠れないという人も多いのではないでしょうか。

 

 

この、薬が無いと眠れないという状態になっている人は恐らく、
睡眠薬の服用期間が長いのではないかと思います。

 

 

 

というのも、睡眠薬(睡眠導入剤)を長く服用し続けると、
最初のうちは眠るために飲んでいる薬が、

 
いつの間にか、
寝る前に必ず飲む薬という認識に変わり、
寝ようとした時に薬が無いと落ち着かない状態になってしまうのです。

 

これって、本末転倒ですよね。

 

 

私がその状態に陥っているひとりでもあります。

 

薬を飲む事が寝る合図になっているのです。

 

いくら自力で眠れそうな時でも、
寝る前には必ず薬を飲むという事が儀式になっています。

 

 

自分でもおかしいのではないかと思うくらい、
睡眠薬(睡眠導入剤)のマイスリーについては、
いつも数を確認してしまうのです。

 

 

数を確認してしまう・・・。

 

これ、実は睡眠薬(睡眠導入剤)に限らず、
薬物療法を長期間続けてしまった副作用なのです。

 

 

私が薬物療法の中で一番怖い副作用だと思っている「依存」なのです。

 

 

どんな副作用が出るの?

睡眠薬(睡眠導入剤)を服用することで、
どのような副作用があるのでしょうか。

 

 

一般的には次のようなものが挙げられます。

 

  • 薬依存症
  • 健忘(物忘れ)
  • ふらつき、めまい、頭痛
  • 歩行失調、言語障害
  • 幻覚、妄想
  • 倦怠感

 

薬物療法を行う上では、
ほとんど同じような副作用が並びます。

 

これら副作用は、経験上ですが、
睡眠薬(睡眠導入剤)を飲んですぐに眠る、
あるいは眠る体制に入れば、
ほとんど実感することは無いかもしれません。

 

 

しかし、その中でも、
私自身が非常に怖いと思うのが「薬依存症」です。

 

 

先にも書いたように、
私は睡眠薬(睡眠導入剤)が無いと不安で仕方ないのです。

 

眠い時でも、薬を服用しなければ良い睡眠がとれないのではないか、
また朝まで眠れず、

気怠い一日を過ごさなければいけないのではないかと、
不安が付きまとうのです。

 

 

この「依存」だけは、
その日薬を服用する前に起こる症状であるため、
常日頃から薬の数を意識したり、
ベッドに入った後に薬を飲んでない事に気が付くと、
わざわざ起きてまで薬を飲むのです。

 

正直、これこそ病気ですよね。

 

依存という副作用は、
薬物療法で起こる副作用の中で、
最も厄介で最も怖い副作用だと思っています。

 

 

副作用を出さないためには

それでは、
このような副作用を出さないためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

その手段は一つだけです。

 

長期間服用しないこと。これだけです。

 

ここまで言われると、
一度たりとも睡眠薬(睡眠導入剤)を飲みたくはありませんよね。

 

 

しかし、眠れないツラさもとても良く分かるのです。

 

眠れない不安、眠れなかった次の日の倦怠感と、
胃のむかつきなんかも出てきますよね。。

 

なので、どうしても眠れない場合は、
眠れない原因を探る事が大切です。

 

 

私の場合は、過剰なストレスによるうつ病と睡眠障害だと診断されました。

 

そして、睡眠薬(睡眠導入剤)を処方されて、
それを服用したら本当に楽になったんです。

 

 

楽になってしまったのですね。

 

薬が効くのは当たり前です。
しかし、それに頼り過ぎてしまいました。

 

その結果、10年以上、
睡眠薬(睡眠導入剤)を服用しているのです。

 

 

まとめ

睡眠薬(睡眠導入剤)を服用せずに眠りにつくためには、
過度なストレスで、精神的な疾患を患わないようにする対策が必要です。

 

 

しかし、それは自分でも気づかないうちに発症してしまうことがほとんどです。

 

そして、薬物療法が始まり、
薬に頼り過ぎるとやがて「依存」という本当に怖い副作用に襲われます。

 

 

なので、睡眠薬(睡眠導入剤)を服用し始めた時、
薬に頼り過ぎず、太陽の光をしっかりと浴びて、
運動をして汗をかく事を怠らず、薬とのバランスをとり、
長期間の服用を避けるべきだったと、今、私は思います。

 

 

 

因みに、この記事を書く前日の夜、
マイスリーを飲まずに就寝する実験をしてみました。

 

 

結果、今この記事を書いている段階でも未だ、
寝ていません。

 

 

24時間以上起きています。

 

しかし、これにめげず、
できる限り「依存」から解放されるように行動し、
マイスリーを飲まずに眠れるようになったという報告が出来ればと思います!

 

Pocket
LINEで送る