Pocket
LINEで送る

眠れないというのは本当にツライものですね。睡眠障害を抱えている人には睡眠薬(睡眠導入剤)を服用している人が多いと思います。

 

私も飲んでいますよ、マイスリー。

 

マイスリー以外にも様々な種類の睡眠薬(睡眠導入剤)がありますよね。

 

こういったいわゆる睡眠薬には必ず副作用があります。その中でも、睡眠薬(睡眠導入剤)を服用とめまいがするという人はいませんか?

 

怖いですよね、めまい。

 

そこで今回は、副作用で起こるめまいについて、原因や対処方法を紹介しますね。

 

 

睡眠薬(睡眠導入剤)でめまいがする?

睡眠薬(睡眠導入剤)の副作用には「めまい」が存在します。ただし、これは処方薬の副作用であり、市販薬には無いようです。

 

めまいが起こる場合、翌日の朝などが多いのではないでしょうか。頭痛も同時に起こるかもしれません。その場合はしばらく動くことができませんよね。怖いですからね。

 

処方薬の中でも、めまいが起こるものと起こらないものがあります。これは睡眠薬(睡眠導入剤)でも、効果の短いものから長いものがあるからです。睡眠薬と睡眠導入剤を比べても、効果も服用目的も違います。

 

私は睡眠薬(睡眠導入剤)を服用しても、めまいを起こしたことはありません。それは薬の種類が関係しているのですね。因みに私が飲んでいるのは、睡眠導入剤のマイスリーです。

 

それでは、そもそもなぜ副作用としてめまいが起こるのでしょうか。

 

 

副作用でのめまいの原因とは

先にも書いたように、睡眠薬(睡眠導入剤)には、効果が長いものと短いものがあります。そして、副作用のめまいが起こるのはほとんどが、効果が長く続く睡眠薬です。

 

これは、睡眠作用が翌日まで残って、朝起きた時や日中にも薬の効果が抜けておらず、頭痛やふらつき、そしてめまいを引き起こします。これを「持ち越し効果」と言います。

 

睡眠薬(睡眠導入剤)でめまいを起こすのはこの「持ち越し効果」によるものが多いと言われています。

 

睡眠薬は簡単に言うと、なかなか寝付けない人が入眠するために飲む睡眠導入剤と、深い眠りにつくため(眠りが浅い人のため)の睡眠薬で分けられます。

 

深い眠りにつくための睡眠薬は、入眠してからも比較的長く効果を持続させることで、深い眠り(しっかり眠る)ことをサポートするのです。夜中に頻繁に目が覚めてしまう人などは、効果の長く聞く睡眠薬を処方されているのではないでしょうか。

 

私は、夜寝つけず、結局一日眠れないという症状から、睡眠導入剤のマイスリーを常用しています。ですので、朝起きても薬の効果が残っておらず、めまいを起こさないのです。

 

しかし、余りにも寝る時間が短いと頭痛とめまいを起こします。これは、薬の効果が短くても寝ている時間が短ければ、まだ薬の効果が残っているからですね。

 

 

めまいが起こった時の対処方法

現在服用している睡眠薬(睡眠導入剤)で、どうしてもめまいが起こってしまう場合は、医師に相談して、薬を減量するか、あるいは薬を変更してもらう必要があります。同じ薬を服用しながら改善するというのは難しいことなのです。

 

処方薬の睡眠薬(睡眠導入剤)を服用して副作用が起こることは、当たり前のことだからです。

 

できるだけ、処方薬を服用せずに眠る習慣をつけることが大切ですよね。というのも、私は睡眠導入剤のマイスリーを長期間服用しています。めまいという副作用は起こしたことがありませんが、その他の副作用に完全にハマってしまっているからです。

 

健忘と依存。これが私自身に出ている副作用です。特に依存は、副作用の中でも本当に恐ろしいものだと体感しています。

 

 

私はマイスリーが無いと眠れません。マイスリーを服用することが寝る合図です。眠くなったらマイスリーを探します。飲まなくても眠いのに、マイスリーを飲まないと寝てはいけないのです。マイスリーが残りいくつ残っているかを数えています。少なくなってきたら不安です。眠れなくなります。

 

上の一文は、数秒で一気に書き出してみました。

 

この症状を読んで、怖いと思いませんか?

 

私は今、自分で怖くなりました。

 

これが、薬依存ですね・・・。

 

めまいも依存も、副作用です。これら副作用を無くすには、薬を服用しないこと、それしか方法はありません。せめて、「長期間の服用」を止めるべきでしたね・・・。

 

まとめ

知人が飲んでいる睡眠薬があります。睡眠導入剤ではなく、長く効果がある、そして持ち越し効果もある睡眠薬です。これを服用して寝ると、音がしても地震で揺れても起きません。深い眠りについている場合は、身体を持ち上げても起きないそうです。

 

これは副作用ではありませんし、薬がしっかりと効いている証拠です。

 

最近、地震も多いですよね。

 

最近、テレビで火事のニュースも見ました。

 

何か事が起こっても、寝続けているのでしょうか。

起きることが出来ても、めまいがして動けなかったら・・・。

 

そんなことを考えていたら、薬物療法だけに頼る治療はほどほどに、できる限り、薬に頼らない方法を調べてみたいと思いました。

 

Pocket
LINEで送る