Pocket
LINEで送る

どうもこんにちは、村田です。

今回は睡眠薬の危険性について話していこうと思います。

 

今って結構睡眠薬飲んでいる人とか多いんですよね。

 

私も以前まで睡眠薬を使用していましたし、

 

私の働いている会社の上司なんかも睡眠薬を飲みながら仕事している人がいます、

それに友人の何人かも睡眠薬を使って寝ているんですよね。

 

 

ただ、睡眠薬って、眠れはするんだけど、

起きた時の眠たさがハンパないんですよね。

 

確かに睡眠薬を使えば眠れるけど、
まったく寝た気がしない。

 

目が覚めても頭がずっと寝ぼけた状態が続いきますし、

身体も鉛のように重くなる。

 

睡眠薬を飲んでだからといって、
よく眠れるようになるということはなかったです。

 

睡眠薬を使って寝たとしても。

常に「寝たりない・・・」というような感覚が襲ってきてあんまり意味がないんですよね。

 

それに私の場合は、睡眠薬を10年間使い続けたせいもあってか

 

睡眠薬が無いと安心して眠れないというような
クスリ中毒化してしまったんですよね。

 

 

うつ病、幼児退行から回復しても睡眠薬を手放せずに使用し続けていたんですよ。

 

薬物中毒状態でしたね、あの時はw

薬が無いと生きていけなかったスね。

 

それに睡眠薬って脳に直接作用するので体にめちゃめちゃ悪い。

 

睡眠薬っていうのは、脳をボケさせて無理矢理眠らせるので使え使うほど

どんどんバカになっていくんですよね。

 

思考力がどんどん落ちていって自分で何も考えられなくなる。

 

私の場合は、プラス思考ができなくなったんですよね。

 

 

楽しいこととか、嬉しいこととか考えないといけないんですけど、
そういったことが全く考えられなくなる。

 

逆に睡眠薬を使ったことで、マイナス方向の感情が大きくなっていくんですよ。

 

睡眠薬でボーっとすることが増えて、

過去とか振り返るわけです。

 

そうなると自分の悪いところばかりを思い出してしまって自己嫌悪するんですよ。

「俺って・・・ダメだな・・・」って。

 

俺なんかいない方が良いんじゃないか。
死んだ方が良いんじゃないか。

 

とか考えだすんですよね。

 

実際に僕睡眠薬を飲んでいる時に自殺未遂をやってます。

 

マジ危険っすよ。睡眠薬。

まぁ、睡眠薬に限らず薬全般そうなんですが。

 

しかも辞めようにもなかなかやめれないんですよね。

 

たばこやビールみたいにやめようにも体が薬を欲しがって、

イライラしちゃう。

 

身体の疼きを抑えるために睡眠薬を取る

 

だから、うつ病が治った後も結構苦労しましたね薬離れするの。

 

私の場合は、睡眠薬だけでなく、精神安定剤なんかも飲んでいたので余計薬から離れるのが苦労しましたね。

 

今って誰でも比較的簡単に睡眠薬を手に入れられるのですが、

 

大半が睡眠薬のヤバさを知らずに使っているんじゃないかなと思ったので

僕の体験談の下に睡眠薬のヤバさについて知ってもらえたらなと思います。

 

抗うつ薬、抗不安剤やりもやばい睡眠薬

睡眠薬というのは抗うつ薬、抗不安剤といった精神障害の人が飲んでいる薬なんかよりも副作用が強いです。

精神が病んでいる人が飲んでいる薬よりも睡眠薬の副作用はハンパないんですよね

抗うつ薬・抗不安剤の副作用なんて嗣明役に比べれば大したことないんですよ。
身体的にどうこうなると言ったことはないんですね。

しかし、睡眠薬はレベルが違います。

睡眠薬>抗うつ薬>抗不安剤

ヤバさ的にはこれくらいです。

 

じゃあなんで、睡眠薬がそれほどまでにヤバいのかということについて話していこうと思います。

 

そもそも睡眠する時。。。
寝てると時ってどういう状態っていうのは、認知機能が休んでいる状態のことを寝てると言います。

認知機能が休んでいるからこそ眠ることができるんです。

 

逆に、認知機能が活性化していると、
寝ようと思っても寝ることができないんですね。

 

眠れないときに
寝よう寝ようとして余計寝れなくなるのも脳が活発に働いてしまうからなんですよ。

 

で、睡眠薬というのはその認知機能を無理やり抑え込んで眠らせるっていうのが睡眠薬の主旨なんですね。

 

要は認知機能を無理やり機能させなくする。

 

それで無理やり眠りというのを起こさせているんですよ。

 

当然。脳にも負担はかかりますし、

使い続ければ、どんどん脳の機能も弱っていきます。

 

だから、睡眠薬を飲めば飲むほど認知機能が低下していきます。

 

マイスリ―だとかアモバン、ゾピクロンといった精神科でもらえるような薬の副作用はものすごいんですね。

 

健全な若者がこれらの睡眠薬を飲むとボケ老人になるっていうくらいのはヤバい成分が含まれています。

マジです。

私は、10年間こういった薬と共にしてきたんですが、やっぱりその中でも睡眠薬っていうのが1番やばいなと感じます。

だからこそ、睡眠薬っていうのはおすすめしないんですね。
副作用が自分の思っているよりも強いです。

どういった副作用があるかというと認知機能を著しいレベルで低下させるということなんです。

つまり考えさせないようにしてるんですね。

これってアルツハイマーの人と同じ状態なんですね。

 

抗うつ薬、抗不安剤が危険、危険と言われていますが私からすれば睡眠薬が1番危険だと思っています。

そしてなにより、大半の人がこのことを知らずに服用してるんですね。
しかも睡眠薬なんてそこら辺でも購入できるという・・・・
 狂気ですよ。。。

 

私の友人にも睡眠薬マジでやばいからそんな使わない方がいいよということを話したんですね。

そしたら、友人も「マジ?( ゚Д゚)」みたいになってましたね。

 

結構な人が睡眠薬の副作用を理解しないまま使っているんですよね。

 

それでも睡眠薬をやめるってことはいきなりはできないと思うので、

もし、睡眠薬を使うのであれば、体を動かすような習慣をつけることをお勧めします。


体を動かすことで脳が鍛えられて睡眠薬の副作用を抑えることもできます。
それに運動した後っていうのはつかれるので眠りやすくなります。

まさに一石二鳥です。

運動せずに睡眠薬ばかりに頼っていると認知機能の低下
認知症があなたをまってます。

特に、年を取っているような人が睡眠薬飲むと、痴呆症の入り口に足を踏み入れるなんてことになりかねないんですね。

だからこそ、くどいようですが体を動かす習慣を付けることが重要になってきます。

今の現代社会はどんどん、どんどん体を使わなくなってきているのでより痴呆症になりやすいんですね。

認知機能が低下すると何が起こるかというと、物事のものお忘れが極端に激しくなったりだとか、頭の回転が悪くなったりだとか、想起障害といって物事を思い起こせなくなったりと言った悲惨な状態になってしまいます。

 

そういった副作用がすべての睡眠薬に見られるってことで今回は精神科で処方される睡眠薬についてお話しさせていただきました。

 

睡眠薬は本当におススメできません。
もしほんとうに眠れなくてどうしようもないなら、副作用のないこっちを飲むことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る