Pocket
LINEで送る

こんにちは、村田です。

 

私は、睡眠障害が原因でうつ病になっていました。

10年の格闘を経てうつに打ち勝ったはいいものの。

現在も睡眠薬や精神安定剤を手放すことのできない状態が続いています。

 

10年という長い間、薬に頼ってきたせいでで薬が無いと落ち着かない。

またいつ自分がおかしくなるか分からないという不安からなかなか手放すことができないんですよね。

 

うつとの戦いには勝ったのですが、
それでもまだうつ病の呪縛からは逃れられていないそんな状態です。

 

それでも昔の僕からするとすごい回復したんですよ。

 

ひどい時なんか、「どうやったら死ねるかなー」とか、
「何もしたくねー」といった感じで超無気力状態でした。

暇さえあれば死ぬことばかり考えていました。

 

漫画読んでいる時も、

お風呂入っている時も、

会社にいる時でさえも

死ぬことを考えていました。

 

無気力すぎて何もしたくなかったんですよ。

そのせいで生活が乱れまくっていましたね~。

 

毎日髪もボサボサでしたし、
歯だってろくに磨いてもいませんでした。

ただベットの上で「あ~死にて―」とか言っているような人間でした。

 

私が、うつ病になってしまった
のは、苦しみを1人でずっと抱え続けたからなんですね。

 

どんなに仕事がつらくても誰にも話さなかった。
どんなにクソ上司に怒られても怒りや不満をため込んでいた。

 

誰かに言っても意味がない。そう思っていたんですよね。

 

私がどれだけ会社の不満や上司の不満をぶちかけたところで

軽く流されるだけ・・・

 

それどころか、「それが普通。」とか
「それが当たり前だろ。甘えてんじゃねぇ。」

 

そういわれるのが嫌だった。

嫌だったから、つらいこと、苦しいことを誰にも話さずにため込んだ。

 

誰に話しても意味がない。
なら話さない方がいい。

 

自分が傷つくだけだから。

そう思っていたんです。

 

正直この時は、家族も友人もいない方がいいとさえ思っていました。

私のことを分かってくれないならいない方がマシ。

 

 

ただ、仕事がうまくいかず、

ミスをしまくって上司、先輩には怒られ、

後輩からはバカにされる。

 

私がミスをすると必ず舌打ちされる。

「お前はなんでできないんだ?」

「どうしてできないんだ?」

と毎日数10回言われます。

 

そんな毎日言われ続けたら頭がおかしくなるんですよね。

 

 

 

このままじゃヤバいなって危機感を持つんですよね。

このままじゃ、私死ぬな・・・

 

みたいな。

 

だから誰かに相談しようかな・・・

と思うんだけど相談する相手がいない。

 

友達や家族に相談しても

 

「甘え」と言われるだけ。

 

それなら違う人。

 

そうだ「こころほっとライン」というものがあった!

 

ということで。「こころほっとライン」に電話します。

 

「こころほっとライン」っていうのは「

サラリーマン版の命の電話」とですね。

 

会社での悩み、ストレスを打ち明けて解決策をいただくというものです。

 

電話をかけるときはめちゃめちゃ緊張しました。

だって、顔も知らない相手に自分の苦しみや愚痴を聞いても和うわけですから。

 

それに私はコミュ障で上手く言葉も話すことができない。

 

まぁ、それでも電話するわけですよ。
このままじゃ自分がやばいですから。

で、勇気を振り絞って電話するんですけど

なかなか出ないんですよね。

電話をしても

プーッ、プーッ、プーッってなってまったく反応がない。

 

それで、4、5回電話してやっとつながって

今、理不尽に上司から怒られていてもう本当にヤバいです。的なことを打ち明けました。

 

そしたら、「たしかに、お辛いですよね。でもそれは、どこも同じだと思いますよ。もう少し頑張ってみてはいかかですか?」

という返答g返ってきただけで終わり。

 

いやいやいや、これ以上が頑張れないから電話したんだけど。

 

 

正直、クソの役にも立ちませんでした。

 

それからも、私は毎日行きたくもない会社に行き続けます。

 

そして、とうとう、会社でのストレスが原因で睡眠障害になり、うつ病を患うことになります。

 

 

始めの方にも書きましたが、うつ病になるとすべてのやる気がそがれます。

 

もう何もしたくない。消えたい。死にたい。

これだけが頭の中を駆け回ります。

 

今思い返しても相当ひどいありさまだったと思います。

 

朝、起きる⇒寝る

これが私の1日の出来事でした。

 

そんな生活をしていたらさすがに家族や友人も心配してくれるわけで

ただその時の私はかなりグレまくってて、始めは「うっぜーな」と煙たく扱っていました。

 

もう関わらないでくれ。

1人にしてくれと思っていました。

 

そんなひどい対応していたのにも関わらず家族や友人は優しく接してきてくれたんですよ。

 

うつ病で会社を休むことになって、母や父に対してひどい言葉をかけ続けても
私を見捨てるようなことはしませんでした。

 

私が親なら絶対捨ててますね。こんな奴w

 

それくらい私は両親に迷惑をかけてしまっていました。。

 

それでも父、母は辛抱強く、私が回復するのを見守っていてくれたんですよ。

 

大半は無視してしまっていましたが毎日、
私に声をかけてコミュニケーションをとろうとしてくれた。

 

それだけでなくちゃんと食事も作ってくれた。

私が「いらない」といって食べない時があっても。

 

それでも母は私の食事を作らなかった日はなかったです。

 

働かずに寝ているだけのクソ野郎の為に。

 

 

今でも、本当に申し訳ないことをしてしまったと反省するばかりです。

必ず、親に良い思いをさせてやると言う気持ちで、ちょっとずつですが働きながら社会復帰をしています。

 

それと、友人からも連絡があって心配してくれました。

ですけど、親同様、始めは冷たく当たっていたんですよ。

ラインの返事もそっけなくして早くラインを早く終わらせたりしていました。

 

それでも私の友人は見捨てるということをしませんでした。

 

私の家に友人たち4人が「飲むぞ」といってきてくれたんですよ。
始めは「来んなよ」と思っていたんですが

あれよあれよという間に飲み会になってしまいました。

 

それでいろいろ聞いてくるわけですよ。

「大丈夫か」

「元気出せよ」

とかありきたりの言葉から始まり、

それから、私の会社でのことを話したんですよ。

 

そしたら、

友人の1人が。「よし、なら私の会社に来い」とか言うわけですよ。

「いや。。。お前の会社ってお前の会社じゃないやん。それにお前一般社員やん」

とほかの友人がツッコムわけですよ。

 

そしたら、「安心しろ何とかしてやる」とか言ってくれたわけですよ。

 

まじかっこいいなコイツら・・・

 

感動しました。

 

いままで、会社で怒られ続け、どこにも居場所ない。

生きてる価値なんてないと思っていた自分にも
私を思ってくれている友人がいる。

コレを知っただけでスゴイ勇気がわいてきたんです。

 

私にはこんなに人に恵まれているんだ。家族や友人がいる限り私無価値な人間じゃない!

そう思わせてくれたんです。

 

 

どうして、もっと早く相談しなかったんだろう・・・

と後悔するばかりです。

 

私は、うつ病になり、家族や友人にまで迷惑をかけ今ものうのうと生きています。

 

そして、助けられた私が思うことは、

やっぱり、誰かに話すことですね。

 

僕はコレを怠ったがために自分だけでなく家族や友人に迷惑をかけてしまいました。

 

話しても意味がない・・・と決めつけて相談しなかったんですよね。
家族や友人は私を信用してくれているのに。

 

肝心の私は家族、友人を信用していなかった。

 

ここが運命の分かれ道でしたね。

やっぱり相談した方が良いですよ。

 

相談するだけで心が軽くなります。

 

一番いいのは、友人か家族かですね。

 

自分のことを知っていてくれていた方がいいです。

恥ずかしいですけどね。

 

そういえば、
私も悩みや真剣な話をするというのが恥ずかしいと思っていたんでしょうね。

友人なんかとも真剣に話すと言うよりもふざけて話すということも多かったですし、家族とも真剣に話すなんてことはありませんでした。

 

めっちゃ恥ずかしく嫌かもしれませんが、

話せば必ず心配してくれます。

 

 

真剣になら、真剣に返す。

それが家族です。親友です。

 

命の電話やこころのホットラインはやめましょう。

あれは時間の無駄です。

 

それでも家族や友人に話したくないという人は私のブログにコメントして下さい。

 

つらいことは吐き出す。

 

それだけでもだいぶ楽になりますよ。

「死ねー」とかのコメントでもぜんぜん良いです。

 

それで元気になるのならお安い御用です。

 

一番いけないのは悪い物をため込むこと。

 

今度は、私が人を助ける番だと思っているんですよ。

 

私の経験で必ず救える人間がいる。

父、母、友人のように誰かを救える人間になる。

 

それが、私が救われた理由なんじゃないかと思っています。

 

身体にため込まずどんどん吐き出していってください。

 

それでは。

 

Pocket
LINEで送る